初めての投資

投資と言っても実はとても多くの種類があります。
多くの人が利用している投資だけでも相当の種類となりますが、例えば国内株、海外株の売買などはよく知られているものです。
最近ではFXなども行っている人が増えているようです。

また国内債券、開国債券、国内投資信託、外国投資信託もあります。
そして国内不動産投資だけでなく、最近では海外不動産投資も増えているようです。
年金商品や先物、金などの貴金属もあり、もちろん預金も投資のひとつと考えられます。

最近ではパソコンから株などの売買を行うこともできるので、多くの人が行っているようですが、失敗もあるので注意しなければなりません。
外資預金などはわりと気楽にできる投資と言われています。
米ドルやユーロなどの円居合いの外貨で資産を運用することです。

通貨には為替相場があり、それによってレートが毎日変わってきます。
1ドル100円のときに10万円のドル建て預金をして110円になってから下ろすと、そこに1万円の利益が出るということになります。
もちろん90円になってしまえば、110円になるまで待たないと損してしまうことになるわけです。

外貨預金は円高のときに預けて、円安で引き出すことができれば利益が出ますが、逆になったときには損害となります。
外資投資には外貨MMFや外国投信などいろいろな運用商品もあり、人気のある金融商品として出まわっていますが、外資の投資にはどれも為替のリスクがあることを納得の上、行わなければなりません。



◇注目サイト
株のトレードで資産を増やす投資の手法を教えています ―> 株 トレード

Copyright © 2014 初めてでも簡単な投資 All Rights Reserved.